vol.3「原始ノ布」

vol.3は、特大号「原始ノ布」の特集です。

原始ノ布とは、藤、苧麻、大麻、葛、芭蕉、楮など草皮の繊維で、木綿が日本に伝わる以前から作ってきた布のことを云います。この号は原始ノ布に携わり真摯に原始ノ布を見つめ、布の原点を探ってこられた方々の思いや経験が綴られた貴重な文章で構成されています。

京都・丹後の上世屋で、長く藤織り保存の為に尽力されてる井之本 泰氏の語る藤布について、日本全国の原始ノ布の作り手を訪ね歩き、原始ノ布を知り尽くした山口源兵衛氏の潔い視点、京都の原始ノ布の聖地 gallery啓の川崎 啓さんが触れてきた原始ノ布、麻の見識の第一人者である吉田真一郎氏の新しい現代美術の試み、韓国の現代写真家、具本晶氏が捉える韓国の安東布、いまに作り続けられている韓国の大麻布  安東布と日本の編布の工藝ぱんくす舎の取材文、これからの精神の行く先を見つめるCOSMIC WONDERの竜宮衣  原始ノ布、筆者のお勧めする原始ノ布の本のご紹介などの内容となっております。

表紙の紙は、ブータン王国に自生するダフネという植物で作られ教典などに使用されるティンプー・ツァショー紙と、若狭和紙の2種類の手漉き紙です。印刷は活版印刷と孔版印刷です。2年越しで制作しました「原始ノ布」、手に取ってご覧いただけましたら幸いです。

 

執筆者

石井直人(陶芸家) 編布拓本

井之本 泰(丹後藤織り保存会会長) 藤布を着る

山口源兵衛(誉田屋源兵衛) 野々布について

川崎 啓(gallery啓) 原始の布とギャラリー啓

吉田真一郎(現代美術家、近世麻布研究所)白

具 本晶(写真家)麻は物悲しい

石井すみ子(工藝デザイナー) 魂を繫ぐ布 安東布 取材、写真:工藝ぱんくす舎

石井すみ子(工藝デザイナー) 編布を求めて    取材、写真:工藝ぱんくす舎

COSMIC WONDER  竜宮衣 原始ノ布

原始ノ布ノ本(川崎啓、井之本泰、前田征紀、石井すみ子、吉田真一郎)

 

デザイン:吉村麻紀

英訳:ベンジャー桂

韓国語訳: 宇佐川雅美

表紙手漉き紙:若狭和紙、ブータン手漉き紙(ティンプー・ツァショー)

題字・表紙版画:石井直人

印刷:文林堂 山田善之

発行:2017年10月  価格:2000円

 

井之本 泰 「藤布を着る」より ノノのランニングシャツ

川崎啓 「原始ノ布とギャラリー啓」より

 

具 本晶 「麻は物悲しい」より 写真:具 本晶 Koo Bohnchang

 

石井すみ子 「魂を繫ぐ布  安東布」より  取材、写真:工藝ぱんくす舎

 

石井すみ子 「編布を求めて」より 取材、写真:工藝ぱんくす舎

アンギン前当て(ならんごしの会制作)

 

写真:ホンマタカシ

 

土佐楮和紙 紙衣

オクソザックリ衣

リネン衣

苧麻衣 写真:仲川あい

COSMIC WONDER 「竜宮衣  原始ノ布」より