石井すみ子 凉しげなものⅢ  福光屋 丸の内

 

石井すみ子 凉しげなものⅢ

2020年8月8日(土)ー23((日)

 

工芸

川合優/神代タモの茶托

新道牧人/藍染ハンカチ

佃眞吾/神代楡、玉椿の折敷、神代楡の盆

冨永淳/古いガラス

前田崇治/和紙便箋、封筒

前田尚謙/日本の樹皮籠、竹籠、久場団扇

石井直人/粉引輪花皿、焼〆粉引皿、汲み出し

石井すみ子/天竺綿タオル、苧麻布エプロン、草木染しぼり袋

 

瓶詰

すみや亀峰菴

高橋農園

hale

Farmoon

 

 

地球の営みと人の手と五感と第六感の働きにより

柔らかく、しなやかに、清らにつくられているものが

日々の生活の中で役割をもって静かに美しくそこにあることが

心に安らぎと落ち着きを与えてくれます。

それは見渡せばまわりにある草花が自然にあり

愛おしく感じられるように。

 

食べるものも、のびのびと育ったものをそのままいただくだけで

幸せな気持ちにさせてくれます。

庭の木の実や畠、海からそのままいただいているようなものを瓶に詰めて。

石井すみ子

 

於:福光屋 丸の内店

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1階  TEL 03-5288-5015

marunouchi@fukumitsuya.jp    http://www.fukumitsuya.co.jp

OPEN 11:00~19:00

▶︎  福光屋 オンラインショップ 石井すみ子 凉しげなものⅢ  

 

宇宙のいろ 藍 at Center for COSMIC WONDER

宇宙のいろ 藍、Center for COSMIC WONDERにてはじまりました。

7月12日まで開催しています。

COSMIC WONDERの京都ほづ藍工房の琉球藍染めによるオーガニックコットン、ブロックプリントのカディの衣、紺屋仁の染めによる絹と苧麻の藍染めの掛軸と六角形のコースター。

石井すみ子のあをの用の藍墨染によるカディのルームウェア、楮を藍墨染めしたの藍墨枕(前田崇治氏による紙漉き)、北工房の苧麻、カディの藍染めによる掛布、藍染め手紡ぎ糸のしとうず。

北工房による鮮やかな藍色のカディのショール、あをの用による団扇も展示しております。

それぞれの藍の工房が探求される藍との関わりといろ、様々に映し出される藍のかたちをご高覧くださいませ。

 

北工房による「海雲居」

左:紺屋仁による無農薬栽培でつくられたすくも  右:あをの用による自然栽培でつくられた藍

 

COSMIC WONDER  紺屋仁の藍染めによる掛軸

 

gallery白田では、7月18日(土)ー26日(日)の期間で開催いたします。

お問い合わせ  tel.0771-82-1782 /dokkatouyu.com/contact

 

宇宙のいろ 藍

 

地球の鏡に映る青いろ、そのいろを纏うため古代の人は植物から青を探し出した。それは宇宙の摂理そのものであり、藍の神秘に世界の人々は魅了されてきた。

藍染めの歴史は古く、古代エジプトには紀元前2000年頃に藍染めされた麻布がある。日本には遣唐使により渡来したと云われ、独自の発展を遂げてきた。日本の藍は蓼藍(タデ科)、琉球藍(キツネのマゴ科)、アイカズラ(ガガイモ科)、インドではインドアイ(マメ科)、西アフリカではアイフジ(マメ科)、ヨーロッパではウォード(アブラナ科)などの緑の植物から青の色を生み出した。

藍は神秘的な色の美しさを持ち、布、紙、肌などを守り、藍の華の泡沫、葉、実は薬にもなる。人は祈りを捧げ、自然の神秘と永く培われてきた智恵や働きにより藍が宇宙のいろへと繫がっていく。

Center for COSMIC WONDER とgallery白田では、「宇宙のいろ 藍」展を開催いたします。

新道牧人(北工房/ちいさな藍美術館)、石井孝幸(あをの用)、北村仁・大西美由紀(紺屋仁  )、吉川慶一(京都ほづ藍工房)による藍染を発表いたします。それぞれに深く古から培われた技法による藍染を、工藝ぱんくす舎の前田征紀と石井すみ子が繋ぎ手となり衣と工藝作品へと成した作品をお披露目いたします。

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

新道牧人(北工房/ちいさな藍美術館)
藍染作家の新道弘之が主宰してきた北工房を2015年頃より引き継ぎながら古来から行われてきた藍建による藍染を習得する。自然の藍の美しさや不思議な魅力を今に生きる人々の営みに還元し提供していくものづくりをしていきたいと願っている。工房は1972年4月に京都 松ヶ崎工房を設立、1981年4月 美山 北工房へ移設、2005年4月 ちいさな藍美術館開館。

石井孝幸(あをの用)
サスティナブルデザインへの興味から藍染を始める。藍染を村田徳行、灰汁発酵建てを佐藤文子、長板中形を松原与七、伊勢型彫を高井章夫、工芸全般についてブライアンホワイトヘッド各氏に学ぶ。神奈川県山間部にてデザイナーの妻と工房を構え、藍の栽培からスクモ作り,藍建て,染めまでを一貫して行う。取得技術に型染、絞り、筒描き、ロウケツ染など。藍の栽培、製藍、藍染、技術に使用する材料に化学的なものは一切使用していない。

北村仁・大西美由紀(紺屋仁)
土作りから始まり、藍草の栽培、すくも作り、藍建て、藍染。一貫して藍と向き合う事で、多様な時の流れ・自然のプロセスを感じながら、一つの藍色が生まれてくる不思議。その不思議に近づける喜びが、私達の活動の根底にあるのだと感じております。すくも作りは徳島にて修行。藍建て・藍染は日本古来の正藍染を栃木にて学ぶ。

吉川慶一(京都ほづ藍工房)
藍染め作家として40年以上藍染に携わる。幻の京の水藍を復活させ、その藍で染め物をするため亀岡に移住。保津川のほとりに長屋を借り「ほづあい研究所」設立し、京藍を復活させる。藍の栽培・沈殿藍/すくも藍への染料化から藍染めを行う。

Center for COSMIC WONDER
会期:7月4日(土)ー 7月12日(日)
午前11時ー午後7時

東京都港区南青山5-18-10
T. 03 5774 6866
www.cosmicwonder.com

gallery 白田
会期:7月18日(土)ー 7月26日(日)
午前11時ー午後6時

京都府船井郡京丹波町森山田7
T.0771 82 1782
www.dokkatouyu.com

 

Indigo is the Color of the Universe

Our ancestors sought to borrow the color blue from the world of plants.
They wrapped themselves in blue as the Earth itself is wrapped in blue.
Indigo is the fabric of the universe.

Indigo dyeing has a long history. In Egypt, indigo-dyed linens were produced as early as 2000 BC. The process is believed to have been brought to Japan by an envoy to China in the time the Tang Dynasty. Japanese indigo plants include the Tade indigo (Polygonaceae), Ryukyu indigo (Acanthaceous), and the Ai-kazura (Coleoptera). Elsewhere there is the Indian indigo (Fabaceae), the wisteria indigo (Fabaceae) in West Africa, and the ward (Brassicaceae) in Europe. Indigo protects cloth, paper and skin. Its bulbs and leaves can be used as medicine. The cultivation and practice of indigo dyeing connects us to the mysteries of nature and to the wisdom and work of all the generations that have come before us. From the sacred indigo leaf the very colors of the heavens come pouring out.

We are pleased to present the exhibition “Indigo is the Color of the Universe “ at the Center for COSMIC WONDER and gallery Hakuden. We will announce indigo dyeing events with Shindo Makito (North Atelier / The Little Indigo Museum), Takayuki Ishii (Awono-you), Hitoshi Kitamura / Miyuki Onishi (Konya Jin), and Keiichi Yoshikawa (Kyoto Hozu Indigo Atelier). We will also present indigo-dyed works by Yukinori Maeda and Sumiko Ishii of Kogei Punks Sha.


Makito Shindo (North Atelier / THE LITTLE INDIGO MUSEUM)
Since 2015, he has occupied the North Atelier of founding indigo dye artist Hiroyuki Shindo, where he works with liquid-ash fermentation, a method developed in ancient times. He aspires to make pieces that distill the beauty and mysterious charm of indigo for people to enjoy today. Hiroyuki Shindo established the Matsugasaki Atelier in Kyoto in April 1972. He founded the North Atelier, in Miyama, in April 1981, where he later opened the Little Indigo Museum in April 2005.

Takayuki Ishii (Awono-you)
Indigo-dyeing began with an interest in sustainable design. Learned dying from Noriyuki Murata, liquid-ash fermentation from Fumiko Sato, Nagaita-chougata (stencil dyeing) from Matsubara Yoshichi, Ise-style carving (dyed-pattern paper) from Akio Takai, and crafts from Brian Whitehead. He built an atelier with his wife in the mountainous area of Kanagawa prefecture. Indigo cultivation, making *sukumo, liquid-ash fermentation and dyeing techniques such as stencil dyeing, squeezing, drawing, and wax dyeing. No chemicals are used throughout the process of indigo cultivation and dyeing.

Hitoshi Kitamura and Miyuki Onishi (Konya Jin)
Soil composition, cultivation of indigo grass, making *sukumo, and indigo dyeing. It is a wonder how the indigo color is born out of the flow of time and natural processes. It is the joy of witnessing this wondrous transformation that is at the root of our activities. *Sukumo made in Tokushima prefecture. Liquid-ash fermentation and traditional Japanese indigo dyeing learned in Tochigi prefecture.

Keiichi Yoshikawa (Kyoto Hozu Indigo Atelier)
He has been involved in indigo dyeing for more than 30 years. He revived the phantom Kyoto indigo and then moved to Kameoka city. He rented a tenement house on the banks of the Hozu River to establish the “Hozu Indigo Research Institute” and restore Kyoto Indigo. Indigo cultivation, making *sukumo, liquid-ash fermentation and dyeing.

* Sukumo indigo is a slowly fermented dye.


Center for COSMIC WONDER
Exhibition period:
July 4 − July 12, 2020
Open 11am – 7pm
Location:
5-18-10 Minami-aoyama, Minato-ku, Tokyo
T. +81 (0)3 5774 6866
www.cosmicwonder.com

gallery Hakuden
Exhibition period:
July 18 − July 26, 2020
Open 11am – 6pm
Location:
7 Moriyamada, Kyotamba-cho, Funaigun, Kyoto
T.+81(0)771 82 1782
www.dokkatouyu.com

 

 

 

 

 

 

 

gallery白田企画展  石井直人 焼物と土絵 

 

 

石井直人 焼物と土絵

 

古代琵琶湖層は450万年前の地層、現在の我々からは

ほぼ永遠に近い過去の時間の集積の記憶に接する機会と云えます

今と永遠の反映するところに何が映っているのでしょうか

河床の白い粘土層から堀りとった泥で板絵を描いてみました 石井直人

 

2020年6月6日(土)−14日(日)   12:00 − 17:00

10日(水)close  作家在廊日  6−14日

 

〈 完全予約制 〉 各日  12時・13時・14時・15時・16時

お電話、メールにてご予約お願いいたします。こちらよりご予約お願いいたします

ホームページ、Naoto Ishii/Worksより、このたびの出展作品をご覧いただけます。 メール、お電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

gallery白田

622-0233 京都府船井郡京丹波町森山田7

T.0771-82-1782 / e-mail dokkatouyu@ybb.ne.jp

http://www.dokkatouyu.com

初夏 丹波と丹後

やわらかな緑と花、森にこぼれる陽のひかり、海のいろも鮮やかになってきました。